2010年09月15日

Norwegian Jazz & Blue Eyed Pop'n Soul 5

なかなかアップできないなぁ。ま、気長にいきましょ。

9月5日は昨日に引き続き、東京Jazz Circuitのフリーライヴ。
image/2010-09-12T00:19:46-1.jpg
昨年あったメキシコ料理のケータリングが見当たらなくて、ちょっと残念な気持ち。気に入っていたんだけどなぁ。
mathiaseickcr.jpgarildandersen.jpg
●Mathias Eick ●Arild Andersen
昨日のオランダ勢に続いて今日はノルウェーのJazzミュージシャンが登場ってことで、引き続き聴きに行きました。北欧のJazzもオーネット・コールマンの訪問以来、粛々かつ綿々と確実に展開しているんだなぁ。

6日は招待をいただいて、あの原宿アストロホールにてMaroon5のファンイベントに参加しました。
maroon5−2010.jpgimage/2010-09-15T00:42:35-1.jpg

1.Makes Me Wonder
2.Give A Little Love
3.Sunday Morning
4.Misery

いやー昔NYで観たライヴ以来の彼ら。おなじみのハコ、アストロホールでまさか観れるなんて(笑)。たった4曲の演奏だったけど3とかオーディエンスも一緒に合唱してなかなか盛り上がったよ。その後ファンからの質問にメンバーが応えてイベントはお開きとなりました。
posted by たろ at 01:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

すまぱんZERO!

どんどん行きましょ。

8月11日は新木場スタジオコーストにてSummersonic ExtraということでThe Smashing Pumpkinsのライヴに行きました。
image/2010-08-12T07:41:45-1.jpg
私にとって今回が初スマパン。サマソニではJay-Zとの被りで観れなかったので、こういう機会を設定してくださって感謝です〜。会場外で暫くうろうろして、オープニングアクトをちょろっと観て、ステージ左側最前2列目に早速陣取るのでした。
SmashingPumpkins3.JPG

1. My Love is Winter
2. Tristessa
3. Bleeding The Orchid
4. Today
5. A Song for a Son
6. Stand Inside Your Love
7. Zero
8. Tarantula
9. Disarm
10. United States
11. Widow Wake My Mind
12. Perfect
13. Cherub Rock
14. That's the Way (My Love Is)
15. Tonight, Tonight
16. Tallulah Lu
17. Astral Planes
18. Ava Adore
(encore)
19. Bullet With Butterfly Wings

オリジナルメンバーはもはやBilly Corganだけになっちゃったけど、新メンバーで紅一点元Verca SaltのNicoleのベースもいいし、Jeffのギターもしっかり機能していて、切れ味ある安定した演奏でなかなかいい感じ。
4では待ってましたとばかりにオーディエンスが合唱、"1979"は演らなかったけど、あの7をしっかり演ってくれて会場は驚喜したり15では皆で指差しで"Tonight~"歌い、大いに盛り上がるのでした。また突然Billyが"Rainbow知ってるか?”と客にふり、"Deep Purple"やRonnie James Dio の名を挙げたり、16ではウクレレを弾きつつ独唱を披露もしてくれたよ。
さてアンコール前、またまた突如Billyが「特別ゲストを紹介する」というと、以前からスマパンのファンだったという”ベッキー”なるハーフ女性が現れ(結局のところどうもあのタレントのベッキーでは無かったみたい)「ビリーの子供を孕んでしまったの」と何か良くわからない寸劇を展開し会場は微妙な雰囲気に。

しかし最後19の切れ味鋭い演奏で微妙な雰囲気は払拭されグッと客を惹き付けライヴは幕を閉じたのでした。約2時間近く新生スマパンじっくり堪能させていただいたよ。
posted by たろ at 01:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

まだまだ続くよライヴ、、、。


暑かった、、、。

8月9日は午前中はまだ蘇我でウダウダしていました、、、。
image/2010-08-19T07:06:35-1.jpg
駅前に出没する猫に別れを告げ(写真は前日夜のやつ)、東京に戻りユルりとするのもつかの間、招待をいただいて原宿アストロホールにてHail The Villainのライヴ。
HAILTHEVILLAIN.bmp
カナダ出身、そしてあのロードランナーレーベルのバンドというとニッケルバックをまず思い浮かべるが、、、。

1. Try Hating The World
2. Evil Has A Name
3. Social Graces
4. My Reward
5. Downfall
6. Look Ma
7. 16 Cradles
8. Mission Control
9. Take Back The Fear
10. Runaway
11. Blackout
(Encore)
12. Pyro

音だけ聴いているとニッケルバックっぽいっちゃあ、ニッケルバックっぽいけど、ステージ上のパフォーマンスは更に彼らより弾けている感じ(笑)サマソニ明けで疲れてたけど私も適度に弾けていました。1時間未満の短いショウで正直助かった、、、。

10日夜は疲れていたのでどこにも行かず、夜は地下基地で機械いじりしてました。
posted by たろ at 01:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

Summersonic 2010 Day2 その4 Stevie Wonder

眠気が襲い、記述が朝早くになってしまった。

Stevie Wonder@Marine
RIMG0073-2010-2.JPG
何度かライヴを観ているスティーヴィーだけれども野外で観るのはもちろん初めて。否が応でもワクワクしてきます。

1. (Harmonica Intro to) My Eyes Don’t Cry 
2. Master Blaster
3. We Can Work It Out
4. If You Really Love Me
5. Medley ~Ribbon In The Sky~ Stay Gold~Lately
6. Empire State Of Mind (Snippet)
7. Higher Ground 
8. Don’t You Worry ‘Bout A Thing
9. Living For The City 
10. Sir Duke
11. Signed, Sealed, Delivered I’m Yours
12. Sakura Sakura to Free 
13. My Cherie Amour (with Muntaz)
14. I Just Called To Say I Love You 
15. Superstition
16. Another Star〜Happy Birthday 
17. Drums And Percussion Play

びっくりしたのがハーモニカを吹きながら足下しっかり歩いて現れて中央のピアノに座り1を歌い始めた事。本当は目見えるんじゃないの??ビートルズカバーの3とか5の鉄壁のメドレーはさすが、といったところで順調なショウ展開なるも「最近気に入っている曲なんだ」と6を日本の聴衆に歌わせようとするが、皆歌えずああ不発、、、12の”さくら、さくら”から高らかに自由を叫び、海外のフェスでは大合唱になる13をこれまた聴衆に歌わせようとするがやっぱり皆歌えず不発、、、「、、練習が必要だな、、」とつぶやくスティーヴィーがちょっと可哀想なる、、、が、しかし14でしっかり大合唱が成立したので聴衆参加型のショウを画策していた様子のスティーヴィー、まあ体裁は保てた感じかな?
RIMG0079-2010-2.JPG

今回のライヴ、時間が押して始まって僅か1時間15分くらいのステージでした。周辺のオーディエンスは満足していたみたいだけど彼はいくらでも持ち歌があるし、まだまだこれからエンジン全開で聴衆を巻き込んで本領発揮といったはず、あと1時間は聴きたかったけどなぁ、、
まあフルでスティーヴィーを堪能したかったら単独公演に来て下さい、、てなところなのかな。
RIMG0126-2010-2.JPG
最後は花火でシメ。今年のサマソニも終了したなぁ(ホントはこの後Pixies観に行こうかな、と思っていたがめんどくさくなったのでヤメ)皆さんお疲れさまでした。
posted by たろ at 05:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

Summersonic 2010 Day2 その3

頑張ってUPします、、、。

A Tribe Called Quest@Marine
RIMG0035-2010-2.JPG
奇跡の再結成ということで是非とも、、、といいつつ疲れていたのでスタンドでゆったり観ていたら「2階席3階席の奴らも立ち上がれ」とまるで見透かされているみたいなMC(ご免なさい、、、)。近くのカップルがその通りイスの上に立ちあがったらセキュリティに怒られていました、、、。

1.Midnight Marauders Tour Guide
2.Steve Biko(Stir It Up)
3.The Chase,Part2
4.Sucka Nigga
5.Clap Your Hands
6.We Can Get Down
7.Oh My God
8.Lyrics To Go
9.Can I Kick It?
10.Excursions
11.Find A Way
12.Electric Relaxation
13.Check The Rhime
14.Scenario
15.Award Tour

Taylor Swift@Marine
RIMG0042-2010-2.JPG
新曲"Mine"の本邦初披露を期待したけど、やっぱりそれは無し。今回はこの間の来日ライヴの縮小版って感じでした。MCも大体同じ、、でもスタンドから遠目でも可愛いからやっぱり観ちゃうんだよなぁ。

1.You Belong With Me
2.Our Song
3.Teadrops On My Guitar
4.Fearless
5.Forever And Always
6.Fifteen
7.Today Was A Fairytale
8.Should've Say No
9.Love Story
10.Picture To Burn


posted by たろ at 02:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Summersonic 2010 Day2 その2

なかなかサマソニの記述が終わらない、、、、。

Coheed And Cambria@Mountain
RIMG0016-2010-2.JPG
いつぞやCave Inのオープニングアクトで観て以来かな。ハードかつメロディアスな展開は相変わらず、二三曲聴いて移動しました。スイマセン。

The Drums@Sonic
RIMG0025-2010-2.JPG

中性的ファルセット声でくねくね踊りながらのステージで、話題のBrooklyn勢US出身ながらある意味UKの伝統芸だなぁ、、と思いつつ堪能させていただきました。

Band of Horses@Sonic
RIMG0031-2010-2.JPG
いかにも長いツアーをしまくっている、大らかな大陸系USロックバンドの音って感じで好感度大。ステージ後ろのモニターにはこれまでのツアー先の映像を映し出したりしつつ、リラックスした面持ちのパフォーマンスを楽しませていただきました。グッとくるなぁ。

1.Monsters
2.The General Specific
3.Is There A Ghost
4.Islands On The Coast
5.Cigaretts,Wedding Bands
6.No One's Gonna Love You
7.Compliments
8.Laredo
9.Older
10.The Funeral
posted by たろ at 01:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

Summersonic 2010 Day2 その1

しっかり宿で寝て、また来ました幕張。

K'naan@Marine
RIMG0002-2010-2.JPG
途中から観ていました。なかなかいい感じに盛り上がっていたよ。最後はスペシャルゲストということでAIさんを迎えて"Wavin Flag"をオーディエンスと合唱。

Jason Derulo@Marine
RIMG0006-2010-2.JPG
伸びのある声、そして一糸乱れぬダンスを披露してくれたりとエンターテイナーの片鱗を魅せてくれたよ。オリジナル曲はもちろんだけど、Justineのカバー"Sexyback"はちょっと驚いたかな。

Orianthi@Marine
RIMG0009-2010-2.JPG
仰々しくVan Halen"Jump"のSEが会場内に鳴り、その後バンドの面々がステージに登場。そして2曲目で早くも目当ての"According To You"を演ってくれたので満足し、そのままメッセに移動しました。スイマセン。
posted by たろ at 02:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Summersonic Midnight その2

Sonic←→Danceと往復していました。

Busy P@Dance
RIMG0255-2010.JPG

丑三つ時に近づいてアドレナリン解放ってな感じで皆それぞれ盛り上がっている感じ。疑似レイヴってなところでしょうか。

Freebass@Sonic
RIMG0264-2010.JPG
元New Order、元Smith、元Stone Rosesのベーシスト達が組んだプロジェクトバンド。ちゃんと歌ありでソツなく演奏していたって印象かなぁ。最後にJoy Divisionの"Transmission"と "Love Will Tear Us Apart"を演奏してくれて眠気が覚めたよ。

Steve Aoki@Dance
RIMG0268-2010.JPG
疲れてもうトロトロ横になりながら音圧を浴びていました。こういうレイヴ系は体力万全でないとキツいなぁ。

朝四時まで屋台が営業していたのでグリーンカレー食いつつ聴いていました。

The Young Punx!@Sonic
RIMG0271-2010.JPG
もうドロドロにツカレタ、、。オーディエンスの皆は元気だなぁ。
よー覚えていません、スイマセン。

さてサマソニ・ミッドナイトが終了したのは午前4時半。空がようよう明るくなる中、皆ぞろぞろと海浜幕張駅へ、、、、。

果てさて私は5時6分の始発で蘇我のホテルに帰りました、、、。
posted by たろ at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

Summersonic Midnight その1

初めてサマソニで徹夜しました、、、。

Brodinski@Dance
RIMG0244-2010.JPG
DJプレイタイムってことで、ちょっと聴いていました。このぐらいの音圧で家で聴きたいなぁ、、、。

Pavement@Sonic
RIMG0245-2010.JPG
今年4月に新木場コーストで聴いたばかりだけど、まあ夜中で他に行くところも無いし、結構彼らが好きなので2回目のライヴ。

1.Cut Your Hair
2.Grounded
3.Gold Soundz
4.Conduit For Sale!
5.In The Mouth A Desert
6.Kennel District
7.Range Life
8.Trigger Cut
9.Stop Breathing
10.Perfume-V
11.The Hexx
12.Stereo
13.Shady Lane
14.We Dance
15.Rattled By The Rush
16.Unfair
17.Fight This Generation
18.Spit On A Strager
19.Box Elder
20.Starling Of The Slipstream

相変わらずの巧いヘタウマ演奏。ちょっと眠たかったけど、ホノボノと聴かせていただきましたよ。これで彼らを日本で観るのは見納めなんだなぁ、、。

Atari Teenage Riot@Sonic
RIMG0252-2010.JPG
冒頭からのっぴきならないテンションと爆音でガンガンに盛り上がる。客も激しく拳をあげて、踊りまくり、そしてアタリ(?)の旗を降りまくってるよ、、、。この時間でこのテンションは辛いので私は前方から後方へと避難しました。しかしスゲーな。
posted by たろ at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Summersonic 2010 Day1 その5 Jay-Z!!

こんばんは。

Jay-Z@Marin

いやー彼のライヴは初めて観るので期待しまくりです。

RIMG0198-2010.JPGjay-z.jpg

1.Intro
2.Run This Town
3.Diamonds From Sierra Leone(Remix)
4.On To The Next One
5.D.O.A
6.Takeover
7.You Don't Know
8.99 Problems
9.Is That Your Chick
10.Beware
11.Just Wanna Love U(Give It 2 Love)
12.Public Service Announcement
13.Heart Of A City(Ain't No Love)
14.Empire State Of Mind
15.A Dream
16.Dirt Off Your Shoulder
17.Hovi Baby
18.Izzo(H.O.V.A)
19.Jigga What Jigga Who
20.Swagga Like This~Jockin'Jay-Z
21.Show Me What You Got
22.Thank You
23.Fiesta~Bonnie&Clyde'03~Girls,Girls,Girls~Umbrella
24.Big Pimpin'
25.Hard Knock Life
26.Young Forever
27.Numb/Encore

真っ暗な中、ピンのスポットライトを浴びた一本のマイクにJay-Zが対峙し彼の独唱でスタート。大歓声が沸き立つと、やがてまた傍らから何とMemphis Bleekが現れ、Jay-Zとツートップで互いにライムを縦断爆撃、ショウは2人を両輪にして推進してゆくのであった。そして間髪入れず次から次へと投下される楽曲にはバックトラックにAerosmithやU2等のロックのおいしいリフも巧く使われているのもあって、曲にさらに攻撃的なノリを加味し圧倒的格好良さを放つ、、、なるほどしっかりライヴ映えするな〜。やがてステージ後方の大きなモニター照明にNYの摩天楼が映し出されるとNY讃歌14がはじまりアリシアの代わりに自身のレーベルRoc Nationの新人Bridgit Kelly嬢をここぞばかり日本のオーディエンスに紹介し、彼女とのデュエットを披露。これにより攻撃性に更にゴージャス感も加わって、まさにjay-Zってな世界が遂にここに完成し無敵状態に。そして終盤はBiggieと2Pacへの憶いをMCしての25、新たなアンセム26(この曲、今後彼の代表曲にしたいんだろうなぁ)、そしてロックフェスという場を考えてなのかロックな切れ味の27で最後をまとめたのでした。彼はショウの間、何度も日本のオーディエンスに"appreciate"と感謝を述べていたけど、こちらこそ感謝です。いやーJay-Zの世界、しっかり心躍らさせていただきましたよ。

RIMG0241-2010.JPG

最後は夜空に散る大きな花火。彼のショウはやっぱこういうゴージャスにシメないとね。


posted by たろ at 01:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

Summersonic 2010 Day1 その4

おはようございます。

a-ha@sonic
RIMG0169-2010.JPG
これで本当に日本公演最後、ということで見納めで観に行ったのですが、これが思いの他なかなか素晴らしいライヴでした。

1. The Bandstand
2. Foot of the Mountain
3. Move to Memphis
4. The Blood that Moves the Body
5. Stay On These Roads
6. Scoundrel Days
7. I’ve Been Losing You
8. Cry Wolf
9. Hunting High and Low
10. The Sun Always Shines on TV
11. The Living Daylights
12. Take On Me

9で観客が大声で一緒に歌っている、、!!a-haファンが集まっているんだなぁ。以降終盤に向けておなじみのヒット曲群なので私も一緒に歌って踊らせていただきました。最後は12で会場大盛り上がりの大団円でしたよ。

Keri Hilson@Dance
RIMG0181-2010.JPG

会場に着くと"Turn Me On""The Way I Were"を演っていました。昨年彼女のショウケースを観ていたので2曲ほど聴いて移動しました。スイマセン。

Offsprng@Marin
RIMG0183-2010.JPG
すごい盛り上がり、、、何だかんだいってOffspring大人気だなぁ。急いでメッセから移動してきてマリンにつくともう終盤、、。最後のPretty FlyとThe Kids Aren't Alrightを半分冷や汗でスタンドから眺めていました。
posted by たろ at 10:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Summersonic 2010 Day1 その3

どんどん行こう。

Nas@Marine
RIMG0153-2010.JPG

1.Intro
2.Hip Hop Is Dead
3.The World Is Yours
4.It Ain't Hard To Tell
5.Life Is Bitch
6.Message
7.Street Dreams
8.If I Rule The World
9.Hero
10.I Can
11.Nastradamus
12.Nas Is Like
13.Hate Me Now
14.Get Down
15.Stillmatic
16.As We Enter
17.Strong Will Continue
18.Got Yourself A Gun
19.Made You Look
20.One Mic

いつぞやNYのセントラルパークのライヴを観て以来のNas。生バンドをバックにグレイテストヒッツ的ステージで次から次と往年の名曲が繰り出されるのには圧倒されました。素晴らしいパフォーマンス!!スタンドじゃなくてアリーナに降りていれば良かったなぁ、、。

Nada Surf@Island
RIMG0160-2010.JPG
移動がてらチョッとだけ観る。CDでの印象と違って意外とぶ厚い音なんだなぁ。

Passion Pit@Sonic
RIMG0163-2010.JPG

今年始めにアストロホールで観て以来の彼ら。最後の"Sleepy Head"だけ聴きました。なかなか盛り上がっていたようです。
posted by たろ at 06:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

Summersonic 2010 day1 その2

おなじみザッピング。

Biffy Clyro@Mountain
RIMG0143-2010.JPG
代官山で観て以来。相変わらず上半身裸でヘヴィーな佇まいだなぁ、、。

K-OS@Dance
RIMG0149-2010.JPG
カナダ出身のラッパー。カッコいい音出しているのに周知されていない為か客入りはガラガラ、、。後ろに見えるYES!は彼の最近のアルバムタイトルだったよな。因に逆光を浴びている右の人がK-OSことKevin君です。

Delphic@Sonic
RIMG0151-2010.JPG
いつぞやアストロホールで観ていたのでスルーしようかと思いつつ、ちょっとだけ覗いて1曲だけ聴いていました。
posted by たろ at 04:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

Summersonic2010 Day1 その1

猛暑を覚悟していったら意外と風が吹いていてマリンは過ごしやすかったです。

3oh!3@Marin
RIMG0126-2010.JPG
色物っぽい感じで正直短命そうなバンドだけど、ヒット曲満載で純粋に楽しいので今年の想い出作りのためにアリーナに馳せ参じて初っ端から一緒にうたって踊らせていただきました(笑)。

1.Beaumont
2.Starstrukk
3.Punkbitch
4.Double Vision
5.House Party
6.Don't Trust Me
7.Don't Dance
8.My First Kiss

新曲と言っていた4とかおなじみ6とか「ふう〜!!」とか間の手入れながらアゲアゲ状態!8でも盛り上がりたかったけど本日は徹夜する予定なのでセーヴしました、、、。

All Time Low@Marin
RIMG0129-2010.JPG
スタンド席に戻って皆と合流。ダラダラと観ていました。コンパクトでキャッチーな楽曲群に惹かれつつも徹夜しなかったらアリーナで聴いていたのにな、、と思いつつ、、5曲ほど聴いて移動。

Two Door Cinema Club@Sonic
RIMG0135-2010.JPG
ギターサウンドとエレクトロで軽快な音のコンビネーションが何とも心地よい感じで体を揺さぶりつつ聴かせていただきました。ドラムスがいないバンドときいていたけど、ライヴではサポートメンバー?がしっかり叩いていたよ。

posted by たろ at 02:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

フジロック2日目 その5

まだ7月31日のお話です、、、今週末はいよいよサマソニだ。

すっかり日が落ちて雨が容赦なく降りしきる中、早足でRed Marqueeへ。雨宿りの客もいるのか、会場はパンパンの超満員で正攻法で中に入れないので左の入口からようやくねじ込むように潜入。

Fishbone@Red Marquee
RIMG0101-10.JPGRIMG0116-10.JPG
05年にNew Orleans Jazz Festで観て以来の彼ら。踊りまくるオーディエンスの凄い盛り上がりに彼らも刺激されて当時観たステージより熱いパフォーマンス繰り広げているんじゃない?おなじみアルコールの歌等々がんがん押しまくっていたよ。

Roxy Music@Green Stage
RIMG0119-10.JPGRIMG0120-10.JPG

彼らもほぼ30年ぶりくらいの来日なんだけど、個人的にあんまり思い入れがないので、White StageのザックのニューバンドOne Day As A Lionを観に行く途中、移動しながら横目で観ていたのでした、しかし何とWhite Stageが早くも規制がかかっちゃっていたので、またGreen Stageまで戻って来て途中からまた彼らを観ていました。やや披露感がある身体をデカダンス感漂う音に任せるのも悪くないなぁ、と思いながら最後までおつきあいさせていただきましたよ。






posted by たろ at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

フジロック2日目 その4 遂にJohn Fogerty

眠い、、、ガンガン挙げていかねば、、、。いよいよJohn Fogertyです。

彼を観るために苗場に今年来たようなもの。06年に一度イギリスで彼のライヴを観るチャンスがあったものの、あんときゃ既にチケットSold Outで観れなかったんだよなぁ、、。

John Fogerty@Green Stage
RIMG0068-10.JPGRIMG0067-10.JPG

モッシュピットに入り最前から3列目くらいで今か今かと彼の登場を待つ、、CCRでの来日以来、何と38年ぶりの日本のステージだそうです、、、。
RIMG0085-10.JPGRIMG0087-10.JPG

0.Intro~ Almost Saturday Night~
1.Hey Tonight
2.Green River
3.Who'll Stop The Rain
4.Looking Out My Door
5.Wrote A Song For Everyone
6.Born On The Bayou
7.Ramble Tumble
8.The Midnight Special
9.Have You Ever Seen The Rain?
10.Pretty Woman
11.Hot Rod Heart
12.Big Train(From Memphis)
13.Keep On Choogin
14.Down On The Corner
15.Centerfield
16.Old Man Down The Road
17.Bad Moon Rising
18.Fortunate Son
19.Good Golly Miss Molly
20.Up Around The Bend
21.Proud Mary

いやー念願だった生フォガティを遂に我が肉眼に刻むのでした。嬉しくってほぼ全曲(特にサビを)皆と一緒に合唱させていただきましたよ。野外で彼を聴くのはもうこの上ない素晴らしい状況だよなぁ。グリーンステージ前の雨でぐちゃぐちゃな足下の状況がアメリカ南部の湿地帯に重なって6を聴きながらグッと迫る、、、!7での唸る轟音ギターにJohnはライトハンド奏法(!)もちょっと披露してくれたりも。15は野球讃歌ってことでバット型ギターを抱えてちょっとイチローの事に触れたりしながら、16のマディで南部スワンプ感満載なぶっとい演奏に、そしてカッチョいい切れ味の18に私は思わずその場を飛びまわっていました、、、。
RIMG0095-10.JPGRIMG0097-10.JPG

ところで有名な9や21を聴いてやっと彼に気がついたオーディエンスも多々いたみたい。強い雨が降り始めたライヴ終盤、ふと後ろを振り返ってみるといつの間にかモッシュピットがライヴ開始時より沢山のオーディエンスで膨らんでいたのでした、、、(笑)








posted by たろ at 02:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

フジロック 2日目 その3

速攻で奥地からグリーンに戻ってきました。

Jamie Cullum@Green Stage
RIMG0054-10.JPG
何度も彼のライヴを観ているけれども、今回はRihannaの"Don't Stop The Music"のJazzカバー版を披露してたりして聴き応えあるステージでしたよ。「フジロックはミュージシャン達にもすこぶる評判のいい世界一のフェスティバルだよ」等とMCしておりましたよ。

22-20s@Red Marquee
RIMG0061-10.JPG
ブルーズを基調としたいい感じの音。結構気に入っちゃいました。もうちょっと聴きたかったけど、次グリーンで今回私の本命のお方が出演するので3曲だけで泣く泣くRedを後にしたのでありました。
posted by たろ at 02:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジロック2日目 その2

ひたすらザッピングで廻っていました。

Kula Shaker@Green Stage
RIMG0039-10.JPG
昔Red Marqueeで彼らを観ていたので、まあいいか、と移動がてらに横目で歩きながら聞いていました。もうちょっと勢いが昔は彼らにあったような気がしたが、、。

Matt&Kim@Gypsy Avaron
RIMG0041-10.JPG
狭いスペースは人でぎっしり!なんとか彼らが観れる場所を確保していたら「この歌はFuckin'でキライでさっさと終わらせたいので、いつもの2倍の速度で演奏しちゃる!」と高速演奏で会場を盛り上げていました。楽しいなぁ。

Third Eye Blind@White Stage
RIMG0046-10.JPGRIMG0049-10.JPG
いつぞや代官山で彼らのライヴを観たので今回は通りがけ。スイマセン。でもSemi-Charmed,,やJumper,,等々しっかり聞かせていただきましたよ。彼らの曲はやっぱ耳に残るなぁ。
posted by たろ at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジロック2日目 その1

7月31日続き。

今年のフジロックは2日目だけ参加。午前中は観たいライヴがないので会場内を散々グルグル廻って散策しつつ、まずはレッドマーキーへ。
image/2010-08-03T11:26:481


●Dirty Projectors@Red Marquee
RIMG0021-10.JPG
いわゆる今盛り上がっているNYのBrooklyn系インディロック。東海岸のバンドに特有のアイデア学生系のロックってな印象で好きな音です。何故か最前列で堪能させていただきました。

●John Butler Trio@Green Stage
RIMG0022-10.JPG
いやー野外で聴くにはいい感じのユルユル感、、、しかしギター巧いよなぁ、バンドのアンサンブルも抜群で多くの人から支持されているのが良くわかりましたよ。後方でダラダラ寝っころがながら聞いていました。

●Detroit Social Club@Red Marquee
RIMG0027-10.JPGRIMG0029-10.JPG
ステージ上で展開される楽曲を聞いているとどこかイギーポップとデビットボウイがドイツに入り浸っていた頃のようなスタイルをちょとだけ艶かしくねっちこくしたみたいな印象。正直苦手な感じだけど結局聞き入っちゃいました。



posted by たろ at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

のっしんばったらいぶ

だいぶ間が空いてしまいました。まあ怒濤のごとくUPしましょ。

4月15日夜は諸々忙しかったかな。

16日は日本武道館にてJames TaylorとCarol Kingのコンサート。
image/2010-04-21T01:19:111jtck.jpg
Cキングは一昨年にも十分堪能させていただいたのでさておき、今回はJテイラーとギタリストとして参加しているダニーコーチマー目当てで当日券にて参加したのでした。

1. Blossom
2. So Far Away
3. Machine Gun Kelly
4. Carolina In My Mind
5. Way Over Yonder
6. Smackwater Jack
7. Country Road
8. Sweet Season
9. Mexico
10. Song Of Long Ago
11. Long Ago And Far Away
12. Beautiful
13. Shower The People
14. (You Make Me Feel Like A) Natural Woman

(Intermission)

15. Copperline
16. Crying In The Rain
17. Hi-De-Ho (That Old Sweet Roll)
18. Sweet Baby James
19. Jazzman
20. Will You Love Me Tomorrow
21. Steamroller Blues
22. It's Too Late
23. Fire And Rain
24. I Feel The Earth Move
25. You’ve Got A Friend
(Encore)
26. Up On The Roof
27. How Sweet It Is (To Be Loved By You)
28. Locomotion

3ではダニーの曲だよ、と紹介して演ってくれたのは嬉しかったし、何よりもJテイラーの声が昔レコードで良く聞いていたそれと全然変わっていない温かみを帯びた声だったのが嬉しかったなぁ。大好きな4や、また13や21や23等じっくり聞かせていただきましたよ。

17〜19日は諸々友達と飲んでいたり、休肝日で地下司令室でアナログ盤聞いていたり(Sweet Baby Jamesはやっぱり名盤だ、、!!)していました。

20日はお誘いをいただいて浜松町にある元は新聞の印刷所、今はファッションオフィスビル?にある「タブロイド」というところでLady Gagaのシークレットライヴ。客は皆どこかで観た事あるような方々ばかりで場違い感を若干味わうも何だかんだでギュウギュウ詰め。
gaga3.jpg

1.Speechless
2.Alejandro
3.Bad Romance

白いショートケーキみたいな舞台に白いレースのドレス姿で早速ガガ嬢が登場、1のピアノ弾き語りもさることながらダンサーを率いての2、蛍光灯を駆使してエレクトロ満載の3とたった3曲と短いながらも今回も目を見張るステージングで圧倒されたのでした、、、。なんだかんだ言って彼女は旬だよな、やっぱし。

21日は渋谷Duo Music Exchangeにて今話題のアイドルJustin Beiber君のショウケースライヴ。旬なライヴ続くなぁ、、これまた。
justinb1.jpg
ステージ前方の観客は女子ファンが圧倒的って感じでもうムンムンな雰囲気。私はちょっと避難して左隅からステージを覗いていました。いやーペンライトとかボードはもとより黄色い声がすごいなぁ、、。

1. Love Me
2. One Less Lonely Girl
3. Because Of You(Acoustic)
4. Favorite Girl(Acoustic)
5. One Time
6. Baby

幼くも張りのある歌声にダンサーと一糸乱れぬキレのある踊りを披露してくれたのはもちろんのこと、2ではステージにあげた女の子をハグしたり(当然ここで羨望と嫉妬のキャーという声)ne-yoのカバー3はビーバー君自身が彼のファンということで4とともにアコギで弾き語りで歌ってくれたり、6では本日不在のLudacrisのパートのところもしっかりラップしてくれたりとなかなか魅せてくれるショーマンシップぶりに感心したのでした。彼をただのアイドルとなかなか侮れないなぁ、、。最後にファンからの軽い質問タイムで終了とあいなったのでした。

22日はアースデイの催しの一環として銀座にてHoward Jonesのライヴといいたいところだったがアイスランド火山噴火の影響で彼のライヴ中止。あ〜あ。

23日はZepp Tokyoにて単独では初となるWilcoのライヴ。いやーあれから7年もたっていたんだね。かなり楽しみにしていたので、張り切って最前列から3列目にて観戦。
wilco3.jpg

1. Wilco (The Song)
2. Bull Black Nova
3. You Are My Face
4. I Am Trying To Break Your Heart
5. One Wing
6. Shot In The Arm
7. At Least That's What You Said
8. Radio Cure
9. Muzzle Of Bees
10. Deeper Down
11. Handshake Drugs
12. Impossible Germany
13. Via Chicago
14. Poor Places
15. Reservations
16. Spiders (Kidsmoke)
17. Hummingbird
18. Jesus, Etc.
19. You Never Know
20. I'm Always In Love
21. Heavy Metal Drummer
22. Hate It Here
23. Walken
24. I'm The Man Who Loves You
(encore)
25. The Late Greats
26. I Am Wheel

予定時刻を10分ほど遅れて最初メンバー紹介をしつつ演る1からスタート。ライヴではアルバムで聴く曲の印象と違ってよりタイトかつワイルドな音色なんだなぁと思いつつ早速私は引き込まれ食い入るように観ていると、淡々と演奏をすすめてゆく彼らに対してやがて観客(アメリカ人?)から"Say Somethin'!!との言葉が。それにJeffはちょっとカチンときたのかやんわりと"Shut Up!"と応酬(笑)。そして9を演奏し終わって最後ギターソロの音が出ないトラブルに(日本人?)客が「ドンマイ」と声をかけるとジェフは「アリガト」と日本語で応答し、そこから彼は若干静かになっていた会場の様子に心配になっていたのか「さっきの(Shut Up)はアメリカ人客に対して言ったんで日本人にいったんじゃないからね。気にしないでね、で何か質問ある?」と聞くとまたもや会場内のアメリカ人客が口火を切ったように喋りはじめたので「お金払ってくれてありがとう、でも今日はアメリカ人客のためにここに来たんじゃないんだ」とジェフは日本人客にアピール、で笑い声が起こる。会場内雰囲気が段々といい感じになって遂には日本人客も遠慮せず、より声を出して一緒に歌い出し、私もうろ覚えなるも17、18としっかり歌わせてもらったのでした。

演奏自体は決して悪くないのに、バンドと客それぞれがお互いの距離を探り合っていたというか、最初は正直どうなるかと思っていたけどMagic Rock Out出演時から7年を経てお互いの距離がかなり縮まり親密度が増したってところかなぁ、素晴らしいライヴでしたよ。





posted by たろ at 03:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。